右肘痛情報はガセ?陽岱鋼 ドンピシャ返球で松田本塁憤死

[ 2012年10月19日 06:00 ]

<日・ソ>6回1死三塁、内川の中飛でソフトバンクの三走・松田が本塁を狙うも憤死(捕手・鶴岡)

パ・リーグCSファイナルS第2戦 ソフトバンク0―3日本ハム

(10月18日 札幌D)
 あまりにも高価な本塁突入だった。1点を追う6回。ソフトバンクは1死三塁の好機を迎え、内川の中飛で三塁走者・松田がスタートした。

 「センターが横(右中間寄り)へ動いて捕ったので、返球がそれると思った。1アウトで、コーチも“ゴー”だったので突っ込んだ」。浅い飛球でタイミング的には難しい打球だ。それでも松田はタッチアップした。次の瞬間、中堅手・陽岱鋼(ヨウ・ダイカン)から返ってきたのはワンバウンドの見事なストライク。完全なアウトで試合の流れも失った。

 内川の次は4番・ペーニャ。CSは不振でも今季の対武田勝は7打数4安打している。本来は自重する場面。あえて強引に突入した裏には、陽岱鋼の右肘についての情報もあった。三塁コーチャーの井出外野守備走塁コーチは「前回の対戦(3日)では試合前のノックにも入っていなかった。まさかあそこまでの返球が来るとは…。結果的に(松田の突入を)止められなかった自分の責任です」。終盤戦に右肘を痛めていたのは事実だが、この日の試合前のノックだけでは回復具合を正確には把握できていなかった。

 状況(捕球体勢)と情報をもとに仕掛けた勝負に失敗。痛すぎる松田の本塁憤死となった。

 ▼日本ハム・清水外野守備走塁コーチ あの距離で次打者が4番、相手も肘の状態を知っていたと思う。そこを岱鋼がストライクで捕手も捕りやすい最高のボールを投げてくれた。文句のつけようがない。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年10月19日のニュース