ボールが抜けない…ホールトン「初めての経験」で自滅

[ 2012年10月19日 06:00 ]

<巨・中>初回、大島の投ゴロを捕球した巨人・ホールトンはボールの挟まったグラブを丸ごと一塁へトス

セ・リーグCSファイナルS第2戦 巨人2―5中日

(10月18日 東京D)
 巨人・ホールトンは自らリズムを崩した。1―0の2回無死満塁で投手・伊藤の当たり損ないの打球は本塁近くでバウンド。阿部は一塁送球を指示したが、助っ人右腕は球審に自打球をアピールして一塁送球が遅れた。同点の走者が生還。この回2点を失い、勝ち越された。

 「審判に関してはあまり話したくない。リプレーを見て判断してほしい。何も言えない」。初回には不運が襲った。先頭・大島のゴロがグラブに挟まって抜けなかった。グラブごと一塁へ投げたが、判定はセーフ。「初めての経験。(グラブごと)投げることしか思いつかなかった」。4回にはレギュラーシーズンで一度もなかった暴投も記録。今季最短の3回2/3を3失点で降板した。

 「普段起きないことが起きた。難しさはあった」。ホールトンはそう振り返ったが、原監督は2回のプレーを「自分で決めるべきではないでしょうね。奇跡的に3点で抑えた」と厳しかった。

 ▼巨人・川口投手総合コーチ(ホールトンについて)あれ(2回無死満塁の伊藤の打球)を自分で判断しちゃダメ。ただあの投球で3点に抑えるものは持っている。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年10月19日のニュース