村田&由伸に一発も崖っぷち…原監督「あした、しっかり」

[ 2012年10月19日 22:10 ]

10回、一ゴロに倒れた巨人最終打者・阿部(手前)と原監督

セ・リーグCSファイナルS第3戦 巨人4―5中日

(10月19日 東京D)
 2位に10・5ゲーム差をつけて圧倒的な強さでリーグ優勝を飾った巨人が崖っぷちに追い込まれた。CSファイナルステージで初戦からまさかの3連敗。1勝のアドバンテージを含めても1勝3敗と、もう1敗もできない状況に追い込まれた。

 先発の宮国が3回までに3点を失う苦しい展開も、不振の続いていた村田が1―3の4回にCS初安打となるソロ本塁打。2点を追う6回には高橋由の2ランで同点に追いついた。ようやく自慢の打線に復調の兆しは見えてきたが、勝ち越すことはできず、延長戦で守護神の西村が失点して惜敗。原監督は「チーム全体が動いてきたが、結果として勝つことができなかった。あした、しっかり戦う」と声を絞り出した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年10月19日のニュース