堂上剛、代打屋の意地見せた「ずっと西村に合わせてきた」

[ 2012年10月19日 22:15 ]

10回2死一、三塁、代打・堂上剛が中前に決勝打を放つ。投手西村、捕手阿部

セ・リーグCSファイナルS第3戦 中日5―4巨人

(10月19日 東京D)
 延長10回1死一、三塁と中日の絶好の勝ち越し機で谷繁がスリーバントスクイズに失敗。高木監督は「伸び伸びやっているんだから選手にあのまま任せておけば良かったのに」と勢いに水を差したことを悔やんだが、「何とか打って返してくれ」と送り込んだ代打・堂上剛が期待に応えた。

 やや詰まりながらも高めの直球を中前へ運び、値千金の勝ち越し打に。「きょう1日ずっと西村に合わせてきたので、すごい良い感覚でした」(堂上剛)。相手守護神を打つことを想定してきた代打屋が一振りで見事な仕事を見せた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年10月19日のニュース