イチロー「悔しさしかない。この気持ちは久しく味わったことない」

[ 2012年10月19日 10:27 ]

リーグ優勝決定シリーズに敗退し、球場を後にするヤンキースのイチロー

ア・リーグ優勝決定シリーズ第4戦 ヤンキース1―8タイガース

(10月18日 デトロイト)
 まさかの4連敗でシーズンは終わった。自身初のリーグ優勝を目指したヤンキースのイチローは第4戦は無安打に終わり、「悔しい気持ちしかない。ただ、こういう気持ちは久しく味わったことがない」と話した。

 不振の打線の中で、イチローはポストシーズン9試合で40打数11安打、1本塁打5打点と奮闘した。しかしこの日は1回に三飛に倒れると、3回2死二塁から四球でつないだが後続は凡退。6回は無死三塁と反撃のチャンスで3球三振に終わった。

 メジャー12年目の今季、初めて移籍を経験。マリナーズから7月に加入後、67試合に出場し、打率・322とチームの地区優勝に貢献した。「短い時間でしたが、この場所にはいろんなもの、いろんな時間を与えてもらった」と名門で過ごした3カ月を振り返ったイチロー。「最後はこういう形で負けてしまいましたが、本来(自分が)持っている気持ちを思い出させてもらった」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年10月19日のニュース