イチ 1番起用も雨天順延 19日仕切り直しに

[ 2012年10月19日 06:00 ]

守備練習で背面キャッチをするヤンキースのイチロー

ア・リーグ優勝決定シリーズ

 第4戦の試合開始予定は午後8時7分で雨は降っていなかった。しかし、試合を開始せずに1時間10分後に順延を発表。その時点でも雨は降っていなかったが、試合途中で天候悪化が予想されるとの理由から中止になった。大リーグのポストシーズンは、仮に試合途中でサスペンデッドとなっても翌日以降に再開となる。その事態を避ける措置が取られた。

 中止前、ジョー・ジラルディ監督は「目の前の1試合に勝つだけ。後のことはこれからだ」と語った。今シリーズ打率・429のイチローを第3戦の2番から1番に上げるなど打線を組み替えていた。イチローはタ軍先発シャーザーに対して、通算15打数4安打の打率・267。無言で球場を後にしたが、シャーザーがスライド先発する18日(日本時間19日)の試合でも1番での出場が濃厚で重要な役割を担う。

 カノは「勝つことでしか道は開けない。今から先のことは考えない」と一戦必勝を誓った。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年10月19日のニュース