高木監督 王手で欲出た!?「何としても勝ちたい」

[ 2012年10月19日 22:14 ]

3回、井端の右邪犠飛で生還した大島(8)を迎える中日ナイン
Photo By スポニチ

セ・リーグCSファイナルS第2戦 中日5―4巨人

(10月19日 東京D)
 エース吉見に加え、中田賢、ソトも離脱。相手はレギュラーシーズンで10・5ゲーム差をつけられた巨人。先勝しても、2連勝しても中日・高木監督は「いやあ、まだまだ」「あしたは巨人が爆発するんじゃない?」と謙虚な発言ばかり口を突いていた。

 そんな弱気な発言とは裏腹に、3戦目のこの日も延長戦まで突入する熱戦になりながら、1度もリードを許すことなく競り勝った。「ここに来て、選手がこれまでになく伸び伸びと、集中してやってくれている」と満足げに話す。

 王手をかけてようやく指揮官の発言も前向きに。「これで変なこと言っとってもしょうがないので、明日は何としても勝ちたい。勝ちにいく」と力強く宣言した。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年10月19日のニュース