長野 2試合3安打も「チームが勝つのが一番なので…」

[ 2012年10月19日 06:00 ]

<巨・中>8回2死一、三塁、右前適時打を放ちドヤ顔でベンチを見る巨人・長野

セ・リーグCSファイナルS第2戦 巨人2―5中日

(10月18日 東京D)
 貧打にあえぐ打線の中で、巨人・長野が2安打1打点と気を吐いた。初回、中前打で出塁し先制のホームを踏むと、3点を追う8回2死一、三塁からは右前適時打。しかし「いいところで出たけど、チームが勝つのが1番なので」と喜び半分だ。

 絶好調の中日・大島に負けず2試合で3安打、4度出塁と1番の役割を遂行。「あした勝たないといけない。一丸となってやっていきたい」と巻き返しを誓った。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年10月19日のニュース