1年生6人スタメン!明大・上原 新戦力コンビで3勝目

[ 2012年10月15日 06:00 ]

<明大・慶大>力投する明大・上原

東京六大学野球第6週第2日 明大3―1慶大

(10月14日 神宮)
 2回戦2試合が行われた。1回戦で敗れた明大は1年生6人を先発起用。リーグ戦初先発の上原健太投手が、坂本誠志郎捕手との1年生バッテリーで7回1/3を1失点と好投し、チーム最多の3勝目を挙げた。第2試合は今秋ドラフト上位候補の法大・三嶋一輝投手(4年)が、早大戦で1失点完投して1勝1敗のタイに戻した。15日は3回戦2試合が行われる。

 明大はフレッシュな力で優勝戦線に踏みとどまった。広陵出身の1メートル90の大型左腕・上原が、最速144キロの直球を武器に慶大打線を3安打に封じて、7回1/3を1失点と好投。過去の2勝は中継ぎでの白星だっただけに「先発の勝ちの方がうれしいです」と喜んだ。バッテリーを組んだ同じ1年生の坂本と話し合い「データにない配球をした」と初球からフォークを投じるなど、1年生らしからぬ冷静な投球が光った。昨春センバツで履正社の主将として4強に導いた坂本も「1球、1イニングを大事にいった」と満足げ。

 1年生を6人もスタメン起用したことについて善波達也監督は「調子のいい選手を並べた結果。1年生バッテリーがよくやってくれた」と満足そうだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年10月15日のニュース