Aロッド、スタメン復帰も無安打 カノも不振深刻

[ 2012年10月15日 06:00 ]

<ヤンキース・タイガース>不振のヤンキース・ロドリゲスは3打数無安打で8回に代打を送られる

ア・リーグ優勝決定シリーズ第1戦 ヤンキース4―6タイガース

(10月13日 ニューヨーク)
 絶不調のヤンキースの主砲ロドリゲスは6番・三塁で2試合ぶりにスタメン起用されたが、3打数無安打1三振に終わり、8回に代打を送られた。これで今ポストシーズンは5試合出場で19打数2安打、打率・105と不振から立ち直れない。

 3番・カノも今ポストシーズンは28打数2安打、打率・071。主将のジーターが離脱しただけに、今後2人の奮起は絶対条件で、ブライアン・キャッシュマンGMも「誰が抜けてもしっかり仕事をやり遂げないと…」と厳しい表情だった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年10月15日のニュース