山本昌ポストシーズン初勝利ならず「先制点を取られたのが残念」

[ 2012年10月15日 20:11 ]

ヤクルト戦に先発した中日・山本昌
Photo By スポニチ

CSファーストステージ第3戦 中日―ヤクルト

(10月15日 ナゴヤD)
 中日は現役選手最年長、47歳の山本昌が先発し、3回1失点で降板した。2回、1死二塁から宮本に三盗を決められ、相川に右前へ運ばれて失点。「先制点を取られたのが残念でした」と悔やんだ。

 一昨年の日本シリーズ以来、ポストシーズン通算9試合目の登板で、またしても自身の初勝利は持ち越しとなった。だが、チームが逆転勝ちし「勝ってくれればうれしい。次は長いイニングを投げられるようにしたい」と意気込みを口にした。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年10月15日のニュース