杉内「最善を尽くしていく」も状態上がらず

[ 2012年10月15日 19:10 ]

 巨人の原監督は15日、左肩の違和感を訴えて出場選手登録を外れている杉内について「本人はコンディションを上げるために戦っている。役割を全うしてくれることを願っている」と話した。

 チームはクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージに備えて東京ドームで練習を行った。杉内はキャッチボールなどを行い「最善を尽くしていく」と話した。だが、9月下旬に連敗を喫し、今月5日に登録から外れた後も調整のペースは上がっていない。斎藤投手コーチは「投げられるようになるのか、ならないのか。待つだけ」と話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年10月15日のニュース