大隣、大舞台で白星!小久保の「弱気にいったらあかん」に応えた

[ 2012年10月15日 22:34 ]

西武戦に先発したソフトバンク・大隣
Photo By スポニチ

パ・リーグ クライマックスシリーズファーストS第3戦 ソフトバンク3-2西武

(10月15日 西武D)
 ソフトバンクの大隣は5回を中村のソロによる1失点で切り抜けた。「最低限の仕事はできた」とほっとした表情だった。

 2点を先制してもらった直後の4回は先頭打者の秋山に安打を許した。だが小久保に「弱気にいったらあかん」と声を掛けられると、続く中島をきっちり併殺打に仕留めた。

 レギュラーシーズンでは8月までに自己最多の12勝を挙げたが、9月以降は4連敗。大舞台で久しぶりの白星を手にした左腕は「負けたら終わり。切り替えていけた」と話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年10月15日のニュース