オリックス 韓国3冠左腕獲り ハンファ・柳賢振に興味

[ 2012年10月15日 06:00 ]

 オリックスが左腕補強の一環として韓国・ハンファの柳賢振(リュ・ヒョンジン)投手(25)獲得に本腰を入れることになった。同投手は新人の06年に韓国プロ野球で最多勝利、最優秀防御率、最多奪三振の3冠を獲得。韓国代表としては08年の北京五輪で金メダル獲得に貢献、翌年の第2回WBCにも出場している。

 150キロ超の速球とチェンジアップが武器の本格派左腕だ。メジャー志向が強いとされるが、「大リーグの前に日本で」との韓国内の報道もある。フリーエージェント資格を得ておらず、入札制度を使っての海外移籍になる見通しだが、球団関係者は「200イニングをメドに投げられるタフなピッチャー。継続して見ていく」と興味を示している。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年10月15日のニュース