気を取り直すジャイアンツ監督「これは7試合のシリーズだ」

[ 2012年10月15日 14:16 ]

ナ・リーグ優勝決定シリーズ第1戦 ジャイアンツ4―6カージナルス

(10月14日 サンフランシスコ)
 地元サンフランシスコでいきなり6点を先行されての黒星スタート。ジャイアンツのボウチー監督は、敗戦のショックをぬぐい去るように、自らを落ち着かせていた。

 「プレーオフはどの試合も大切だが、これは7試合のシリーズだ。そう考えて、あすの準備をしていくだけ」と指揮官。ケーンと並んで16勝をレギュラーシーズンでマークした、先発バムガーナーが期待を裏切る投球をしたことには「2回にフリースに対して2ストライクからミスをした」と先制本塁打を打たれた場面を振り返り、悔しさをにじませた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年10月15日のニュース