憲伸、山井、そして浅尾!逆転呼び込んだ中日救援陣

[ 2012年10月15日 22:40 ]

セ・リーグCSファーストS第3戦 中日4-1ヤクルト

(10月15日 ナゴヤD)
 中日は救援した3投手が0点に抑えて逆転劇を呼び込んだ。先発が本職の川上が2番手、山井が3番手で2イニングずつを抑えると、8回からは3日連投の浅尾がマウンドへ。150キロをマークするなど疲れを感じさせない投球で、一人の走者も出さずに試合を締めた。

 勝利投手の浅尾は「点を取れると信じていた。東京に行けるので、総力戦で頑張る」とファイナルステージを見据えた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年10月15日のニュース