岡島 四球きっかけで失点 どうなる激しい1軍残留争い

[ 2012年3月18日 14:32 ]

<D・ソ>DeNA戦の3回から2番手で登板したソフトバンク・岡島

オープン戦 ソフトバンク3―2DeNA

(3月18日 横浜)
 ソフトバンクの岡島が18日、DeNA戦に3回から2番手として登板。1回1安打1失点だった。

 1死後、1番梶谷を簡単に歩かせるベテランらしからぬ投球。盗塁と安打でピンチを広げると、併殺崩れで失点した。

 ソフトバンクの中継ぎ投手の1軍枠は6人。この試合に先発したファルケンボーグ、オープン戦の内容がいい森福、金沢はすでに合格だが、残り3枠はまだ決まっていない。メジャーでの経験を買ってのホークス入りだけに、四球がきっかけとなる得点に秋山監督も渋い表情だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2012年3月18日のニュース