松井 去就の進展「何もない」が精力的練習こなす

[ 2012年3月18日 06:00 ]

 アスレチックスからFAとなり、未所属のままニューヨーク州で自主トレを続けている松井が「何も変わっていない」と心境を明かした。

 28日に東京ドームで行われる今季開幕戦(アスレチックス―マリナーズ)まで2週間を切り、4月4日(日本時間5日)の米国開幕戦へも残り3週間弱。時間だけが過ぎるが、焦らずオファーを待ち続ける。

 連日300スイング以上の練習を精力的にこなしている。実戦に臨めない不利もあり「(仕上がりは)分からないですね。どこまでかは」と本音ものぞかせたが「自分のできる範囲のことで、できることをやる。それ以外ない」と言い切った。契約交渉について代理人のアーン・テレム氏からは「何もない」という状況だが、進展を信じ、松井らしく今できる最高の準備は整えている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年3月18日のニュース