7年目の辻内が初のオープン戦登板…1回1失点

[ 2012年3月18日 06:00 ]

<西・巨>7年目で初のオープン戦登板を果たし力投する辻内

オープン戦 巨人4-1西武

(3月17日 西武D)
 7年目の巨人・辻内がプロ入り後初めてオープン戦に登板。6回の1イニングを2安打1失点だった。

 1死一、三塁では大阪桐蔭の先輩・中村の打球が左すねを直撃。左足下腿前面打撲と診断され、アイシングやハリ治療を施した。18日から2軍で再調整となるが「もっと球威をつけていきたい。2軍でチャンスをもらえるよう頑張りたい」。原監督も「何かステップアップの材料になればいい。凄い当たりでしたから、目が覚めるか、覚醒するか」と成長に期待していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2012年3月18日のニュース