打撃不振の畠山「何かしないと」悲壮感漂わせ個別練習

[ 2012年3月18日 06:00 ]

打撃練習する畠山

 打撃不振のヤクルトの畠山が、伊勢総合コーチと個別の打撃練習や走り込みなどを実施。

 体の切れを取り戻すことが目的で「ピークもなく調子が下がり続けている。例年、この時期は調子が悪いけど今年はチームを引っ張る立場。何かしないといけない」と悲壮感を漂わせた。18日の日本ハム戦(神宮)は先発出場し、途中交代後に打ち込みを行う予定だ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年3月18日のニュース