技巧派の本領発揮 成瀬きっちり修正、2回0封

[ 2012年3月18日 17:52 ]

<ロ・巨>巨人戦の6回から2番手で登板し、2回を無失点と好投したロッテ・成瀬

オープン戦 ロッテ2―3巨人

(3月18日 QVC)
 開幕投手が有力なロッテ・成瀬が2回無失点。6回に登板すると、村田に甘いスライダーを狙われて二塁打を許したが「体重が後ろに残って投げ、スライダーの曲がり方が一球一球まちまちだった」と、捕手の里崎と分析。この回が終わると、ベンチ前で真っすぐに立ってキャッチボールを繰り返した。これで「いつものスライダーに戻った」という7回は2三振を奪い、三者凡退に封じた。

 技巧派の本領を発揮し、3年連続の開幕へ順調さをアピール。「もちろん、そこにしか照準を合わせていない」と成瀬。「勝ちたい。完投より、いい流れで次の投手に回したい」と決意を話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年3月18日のニュース