ローテ漏れの巽 中継ぎで1軍生き残りも

[ 2012年3月18日 18:30 ]

オープン戦 ソフトバンク3―2DeNA

(3月18日 横浜)
 ソフトバンクの巽は1点リードの8回に登板し、2回を1安打無失点。秋山監督は「安定している。ボールは良くなっている」と話しており、先発ローテーション争いから漏れた25歳に、中継ぎとして1軍生き残りの可能性が出てきた。

 他の首脳陣も中継ぎでの適性を口にする。高山投手コーチは「毎日ボールを握るほうがいいのかも」と話し、斉藤投手コーチも「(先発に)何かあったらロング(リリーフ)もできる」。本人も「先発でなくとも1軍で結果を残すのが大事」と意欲的だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2012年3月18日のニュース