「一日一善というか…」青木 初の2試合連続安打

[ 2012年3月18日 10:15 ]

オープン戦 ブルワーズ1―8エンゼルス

(3月17日 アリゾナ州テンピ)
 ブルワーズの青木はエンゼルス戦に「9番・右翼」で出場して3打数1安打だった。内容は二ゴロ、投ゴロ併殺打、中前打。8回の守備から退いた。チームは1―8で負けた。

 青木が初めて2試合続けて安打を放った。7回の3打席目に、追い込まれてから持ち前の粘り強さを発揮。左投手の根負けを誘うように、8球目の高めに浮いた変化球を「パチンと打てた」と中前に運んだ。

 3回は昨季18勝のウィーバー、5回は抑えのウォルデンにそれぞれ凡退していたが、好投手との対戦をいい経験と前向きに捉えて安打につなげた。不慣れな環境で地に足着けるためにも「一日一善というか、1日1本が目標。今までも一歩一歩やってきたから」とスタイルを変えるつもりはない。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2012年3月18日のニュース