石巻工などが甲子園練習、初出場・宮崎西はマウンドの感触確認

[ 2012年3月18日 17:38 ]

グラウンドへ駆けだす阿部翔人主将(左端)ら石巻工ナイン

 21日に開幕する第84回選抜高校野球大会の出場校による甲子園練習が18日、甲子園球場で行われ、東日本大震災で深刻な被害が出た21世紀枠の石巻工(宮城)や昨秋の明治神宮大会を制した光星学院(青森)など16校が汗を流した。

 前日は雨のため球場内の室内練習場で行われたが、この日は予定通りグラウンドで実施。石巻工は実戦形式の練習などで調整、光星学院はノックに時間を割いた。春夏通じて甲子園初登場の宮崎西は投手陣がマウンドの感触を確認。31年ぶり出場の高崎(群馬)は打撃練習を中心に行った。

 この日で出場32校による甲子園練習が終了。20日には開会式のリハーサルが行われる。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2012年3月18日のニュース