斎藤 公式戦さながら中1日登板も危なげなし

[ 2012年3月18日 06:00 ]

<ホワイトソックス・ダイヤモンドバックス>6回に登板し、1回を1安打無失点のダイヤモンドバックス・斎藤

オープン戦 ダイヤモンドバックス4―2ホワイトソックス

(3月16日 スコッツデール)
 ダイヤモンドバックスの斎藤が、オープン戦では珍しい中1日登板で1回を1安打無失点と好投した。

 前回登板では2者連続本塁打を浴びたため「入りは特に慎重に」とコーナーを突いた。1死から中前打を許したが、続くコネルコ、ビシエドの4、5番打者は外野フライに打ち取る危なげない投球。新天地でもセットアッパーを期待される右腕は公式戦さながらの登板間隔で前回からしっかり修正し「内容は良かった。体もむしろ良かったくらい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2012年3月18日のニュース