大谷、藤浪がそろって甲子園練習に登場

[ 2012年3月18日 06:00 ]

チューブを使い、調整する花巻東の大谷

 大会初日に対戦する注目投手が、そろって甲子園練習に登場した。

 雨のため室内で練習。今大会No・1右腕の呼び声が高い花巻東(岩手)の大谷はストレッチなどにとどめ、その後は兵庫県内の施設に移動して約40球のピッチングを行った。「(甲子園の)外で投げたかったので凄く残念ですけど、本番でしっかり投げたい」と、21日の大阪桐蔭(大阪)戦に向けて力を込めた。その大阪桐蔭の藤浪は、室内で22球の投球練習。1メートル97の右腕は「思ったほど傾斜がなかったので、投げやすい」と手応えをつかんだ様子だった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2012年3月18日のニュース