いきなり2ラン浴びた 上原また失点…

[ 2012年3月18日 10:07 ]

ダイヤモンドバックス戦の5回2死から登板し、1回1/3を4安打3失点のレンジャーズ・上原

オープン戦 レンジャーズ6―8ダイヤモンドバックス

(3月17日 アリゾナ州サプライズ)
 レンジャーズの上原はダイヤモンドバックス戦で3―4の5回2死から2番手で登板し、1回1/3を4安打3失点、1四球だった。勝敗は付かなかった。チームは6―8で敗れた。

 上原は3失点と崩れた。5回2死二塁で登板し、4番のクベルにいきなり2ランを浴びた。続く6回も3長短打を許すなど、不安定な内容が続いた。

 オープン戦3度の登板はすべて失点を喫している。ホーキンズ・ブルペンコーチは「今は投球動作の部分で問題がある。(本人は)がっかりしているだろうけど、まだキャンプ中。パニックになる必要はない」とかばった。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2012年3月18日のニュース