左鎖骨骨折の桧山が退院 11月30日には手術

[ 2011年12月6日 06:00 ]

 阪神は5日、左鎖骨を骨折した桧山進次郎外野手(42)の退院を発表した。

 沼沢正二球団本部長によると、同日に兵庫県内の病院を退院。手術は11月30日に受けた。桧山は11月23日に京都府宇治市で催された自身のホームページ主催イベントで転倒し負傷。救急車で緊急搬送され、左鎖骨骨折と診断されていた。桧山は自身の公式ホームページに「ご心配頂きました皆さま。本当にありがとうございました。全ての思いを胸に来シーズンに挑みます」と記した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年12月6日のニュース