工藤氏と高田GM 補強面でも温度差 日本ハムとのラインに反発

[ 2011年12月6日 07:06 ]

DeNAとの監督就任交渉が打ち切りとなり、報道陣の質問に答える工藤氏は浮かぬ顔

 横浜DeNAは工藤氏に初代監督への就任要請を行っていたが、チーム編成の権限などをめぐり、高田GMと意見が合わずに契約交渉の打ち切りを通告された。

 ヘッドコーチを巡っての意見の相違もあったが、補強面でも温度差があった。
 
 高田GMは日本ハムを戦力外になった菊地を獲得することを決めたが、工藤氏は高田氏がGMを務めた古巣の日本ハムとのラインで補強を進める姿勢に反発した。工藤氏も「一枚岩でなくてはいけないというのは僕も同じ考え」と振り返った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年12月6日のニュース