大リーガー 平均年俸は2億4000万円 最高はヤンキース 最低は…

[ 2011年12月6日 09:13 ]

 米大リーグ選手会の調査によると、今季の大リーガーの平均年俸は前年から2・7%増の約309万5000ドル(約2億4000万円)で、史上最高だった。AP通信が5日報じた。

 球団別ではヤンキースが13年連続トップとなる654万ドル(約5億1000万円)で、2位はフィリーズの644万ドル(約5億円)。最も安かったのはロイヤルズの134万ドル(約1億500万円)だった。調査対象は8月31日時点での出場登録選手と故障者リスト選手の合計913人。(共同)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年12月6日のニュース