社会人関東連盟総会「いいライバル関係で」

[ 2011年12月6日 06:00 ]

 社会人野球の2011年度関東連盟総会と表彰式が5日、都内のホテルで行われ、都市対抗で初優勝を飾ったJR東日本の堀井哲也監督ら関係者約100人が出席した。

 今年の都市対抗では関東勢がベスト4に3チーム進出し、優勝も関東勢が5連覇したとあって同連盟の渡辺翰(たかし)会長は「ビジネスもスポーツも競争がないところは伸びない。これからも関東勢がいいライバル関係で競い合ってほしい」と話した。なお表彰式では関東選抜リーグを制したセガサミーの大山暁史投手が選出された。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年12月6日のニュース