李大浩 6日に釜山で岡田監督同席の入団会見

[ 2011年12月6日 06:00 ]

 オリックスは5日、韓国ロッテからFAとなっていた強打者、李大浩(イ・デホ)内野手(29)の獲得を発表した。

 同選手は2001年から今季までロッテでプレー。44本塁打を放った昨季には日米両球界の記録を上回る9試合連続本塁打をマークし「世界記録」として注目された。韓国での通算成績は出場1150試合で打率・309、225本塁打、809打点。08年北京五輪や09年のWBCにも出場した。村山良雄球団本部長は「来季へ向けた補強ポイントにふさわしい選手を獲得することができた」と話し、6日に韓国・釜山で岡田監督も同席して入団記者会見を行う。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年12月6日のニュース