ホールトン 巨人と2年総額6億円で大筋合意

[ 2011年12月6日 06:00 ]

 今季までソフトバンクに所属していたD・J・ホールトン投手(32)の巨人入りが決定的となったことが5日、分かった。この日までに大筋で合意。2年契約で、出来高を含めて総額6億円とみられる。条件面の詰めの作業が終わり次第、発表される見通しだ。

 ホールトンは今季19勝をマーク。楽天・田中とともに初の最多勝に輝き、リーグ優勝と8年ぶりの日本一に大きく貢献した。4年間在籍したソフトバンクとは、シーズン中から水面下で交渉を続けていたが、今季年俸5000万円からの大幅増を求めるホールトン側と球団側の提示額には大きな開きがあった。今月2日に自由契約選手として公示された。

 3年ぶりの優勝に向けて大型補強に乗り出している巨人はシーズン中からその動向に注目。新天地でも先発ローテーションの一角として期待される。FA戦線では横浜・村田とともにホールトンの同僚・杉内の獲得も目指しており、ソフトバンクの強力先発陣を支えた左右の2枚を獲得できれば、生え抜きの内海、東野、沢村と合わせてリーグ屈指の顔ぶれとなる

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年12月6日のニュース