審判自主トレ 一般参加者を公募「チャレンジして」

[ 2011年12月6日 06:00 ]

 日本野球機構(NPB)審判部は、来年1月27日から神宮球場で行われる2泊3日の審判自主トレへの参加者を一般公募する。

 実行委では高年齢層が多い年齢構造を危ぐする声が上がり、井野修審判部長は「審判を目指す人が少なくなっている。若くて実力のある人はぜひチャレンジしてほしい」と話した。昨年の審判員の新規採用は東西で計5人。採用機会増を目的に自由契約となった選手にも門戸を広げており、応募方法など詳細はNPB公式ホームページで。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年12月6日のニュース