横浜DeNA 春田オーナーが横浜市長訪問「地域貢献部つくる」

[ 2011年12月6日 11:06 ]

会談を終え、記念写真に納まる(左から)DeNAベイスターズの春田真オーナー、横浜市の林文子市長、池田純球団社長、加地隆雄球団会長

 横浜DeNAベイスターズの春田真オーナー(42)が6日、横浜市役所を訪れて林文子市長にあいさつした。

 春田オーナーは「地域貢献部のような部署をつくり、地元に根をはりたい」と、球団と地域の緊密な関係を築きたい意向があることを強調した。

 さらに春田オーナーは、加盟を承認される前から一部で懸念されていた会社の体質について「ネット系の会社で不安を抱かせることもあるが、しっかりやっていきたい」と話すと、林市長は「全面的に支援します。一緒に盛り上げていきましょう」と快く応じた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年12月6日のニュース