川崎 マリナーズ入り一気合意も「ワクワク感ある」

[ 2011年12月6日 06:00 ]

福岡市内で行われたパーティーで小久保(左)のあいさつ中に笑顔を見せる川崎

 マリナーズ入りを目指してソフトバンクからFA宣言した川崎宗則内野手(30)とマ軍との交渉がウインターミーティング中に開始されることが4日(日本時間5日)、分かった。

 同日午後に会場入りしたマ軍のジャック・ズレンシックGMが「多くの選手について話をするが、川崎についての話もする。タイミングを見て前に進むことになる」と発言。8日までの会期中に代理人のトニー・アタナシオ氏と接触することを明かした。同GMは川崎がマ軍以外との交渉を行わず、マイナー契約でも受け入れる姿勢を示していることについても「もちろん知っている」と話した。マ軍は遊撃ができる内野のバックアップ要員を求めており、契約交渉はスムーズに進むとみられ、一気に契約成立の可能性もある。

 ▼川崎 連絡はまだない。今はこれまで味わったことがないワクワク感がある。来季に向けてトレーニングに励んでいます。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年12月6日のニュース