ソフトB 帆足と8日交渉 地元への思い入れ強く早期決着か

[ 2011年12月6日 12:33 ]

 ソフトバンクは6日、西武からFA宣言した帆足和幸投手(32)との入団交渉を8日に行うと発表した。

 ソフトバンクは杉内、和田の左の二枚看板がFA宣言し、流出が決定的な状況。先発左腕の補強が最大の課題となっている。福岡出身の帆足にとって地元への思い入れは強く、交渉は早期にまとまりそうだ。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年12月6日のニュース