マーリンズ レイエスと82億6800万円で合意

[ 2011年12月6日 06:00 ]

 マーリンズはメッツからFAとなった遊撃手のレイエスと、6年総額1億600万ドル(約82億6800万円)の超大型契約で合意した。

 俊足巧打のレイエスは今季打率・337で初の首位打者を獲得。チームは来季から新球場に移転、球団名を「フロリダ・マーリンズ」から「マイアミ・マーリンズ」に改称する。マイアミ周辺にはラテン系の住民が多く、すでに新監督として今季まで8年間ホワイトソックスで指揮を執ったベネズエラ出身のギーエン氏を招へい。ドミニカ共和国出身のレイエスも実績、知名度ともに十分で、「チームの顔」となりそうだ。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年12月6日のニュース