新人で62試合に登板…榎田は3400万円で更改

[ 2011年12月6日 18:28 ]

契約更改を終え、記者会見する阪神の榎田大樹投手

 阪神の榎田大樹投手が6日、兵庫県西宮市の球団事務所で契約更改交渉に臨み、年俸1500万円から倍増以上となる3400万円でサインした。「シーズンを通しての成績を評価してもらった」と満足げに話した。

 ドラフト1位の新人左腕は中継ぎの役割を担い、球団の新人最多となる62試合に登板して3勝3敗1セーブ、リーグ新人記録の33ホールドをマークした。来季は先発転向の可能性もあるが「自分の願望は、チームにはいらない。任されたところでやりたい」と話した。

 小嶋は600万円増の1600万円、藤原は200万円増の1500万円で更改。清水、大和、加藤は減額となった。(金額は推定)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年12月6日のニュース