上原 1回を9球3人斬りで勝利に貢献

[ 2011年7月24日 10:36 ]

 オリオールズの上原浩治投手は23日、ボルティモアでのエンゼルス戦で3―2の8回に3番手で登板し、1回を三者凡退に抑えた。勝敗やセーブは付かず、チームは3―2で勝った

 上原は好打者ハンターをフォークボールで空振り三振に仕留めるなど、わずか9球で三者凡退。3―2の8回をしっかり抑えた右腕は「(登板間隔が)空いていたので、勝っていても負けていても、いくだろうと予想していた」と準備は万全だった。
 
 ツインズが興味を示しているとこの日報じられた。7月末のトレード期限を前に身辺は騒がしいが「それだけ評価してもらっているということ。励みにしている」と着実に結果を積み上げている。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年7月24日のニュース