いわき市の夢 いつの日か球宴を…復興に努める

[ 2011年7月24日 06:00 ]

オールスターゲーム2011第2戦 全パ4―3全セ

(7月23日 QVCマリン)
 日本プロ野球選手会は第1戦に続き東日本大震災からの復興支援として「被災者からのメッセージ」と題した企画を実施。福島県を代表して、いわき市公園緑地課の柳沢潤技査が「いつの日かきょうのようなオールスターがいわきで行われることを夢見て復興に努めていきます」と力強く宣言した。

 24日の第3戦(Kスタ宮城)では自衛隊など約4000人の復興支援者を招待し、楽天・嶋がスピーチを行う。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年7月24日のニュース