館山“魔球”投げた!糸井「変な回転…変な軌道」

[ 2011年7月24日 06:00 ]

<全パ・全セ>2回、館山は糸井に3球目を投げる前に“魔球”ジャイロの握りを確認

オールスターゲーム2011第2戦 全セ3―4全パ

(7月23日 QVCマリン)
 夢の舞台で「夢の魔球」を投じた。全セの先発を務めたヤクルトの館山が、ジャイロボールを披露した。糸井、坂口の左打者2人に対し、計7球を投げ「感触はよかった。イメージしていた変化とは、ちょっと違いましたけど。これから映像を見てみます」と興奮気味に話した。

 2回、先頭・糸井への初球。シュートに似た軌道を描いた140キロの球が、外角高めに決まった。2、3球目は同じような軌道も高めと外角に外れた。「ブルペンでは何球かいい感じで投げることができたけど、試合は違いますね」と苦笑い。それでも、糸井は試合後に「ジャイロ投げたんですか?何球か変な回転、変な軌道があった」と驚いた顔を見せた。

 ジャイロボールとは進行方向に回転軸が向き、らせん回転しながら進む魔球。館山は以前から、キャッチボールやブルペン投球で試してきた。練習では2、3球に1球の割合で成功しており「人さし指、中指の順で球から指を離し、最後は中指の上に乗せる感じ。きれいにいけば、(ややシュートする)直球とほぼ同じ」と説明する。通常のバックスピン回転よりも空気抵抗が少なく直球と比べて初速と終速の差が少ないのが特徴。このため打者には浮き上がるように見え、直球と認識してスイングすると振り遅れてしまう。

 球宴の舞台で魔球の完全習得はならなかったが、可能性を感じさせた7球だった。「また練習して、シーズンで解禁しようと思います」と館山。確かな手応えを得て、シーズンに夢の実現を持ち越した。

 ▽ジャイロボール 日本のスポーツ科学者らが発見したとされる球種で、10年ほど前から一部のファンの間で話題になった。「ジャイロ」はギリシャ語で「輪」の意味。ボールの回転軸が進行方向と一致し、ライフル弾やアメリカンフットボールのパスのように、スパイラル(らせん状)回転で進んでいくとされる。回転軸の角度や握りによっても変化は異なる。07年に松坂がレッドソックスに移籍した際、米メディアが「松坂はジャイロボールの使い手」などと報道し、注目を集めた。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2011年7月24日のニュース