全6打席出塁…小兵リードオフマンが成立学園けん引

[ 2011年7月24日 06:00 ]

東東京大会5回戦 成立学園14―6成城学園

(7月23日 神宮第2)
 成立学園の1メートル66と小柄な2年生リードオフマンの京田が打線をけん引した。

 初回に中前打して先制のホームを踏むと3安打3四球と全6打席で出塁して5得点。8回にはリードを7点に広げる中前打。成城学園を8回コールドで圧倒して3年連続8強入りを決め「何が何でも出塁しようと思っていた。ベスト8は誇りに思います」と笑みを浮かべながら話していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年7月24日のニュース