東海大相模、春夏連覇の夢消滅 佐藤主将「重圧あった」

[ 2011年7月24日 06:00 ]

< 横浜・東海大相模>6回裏無死二塁、中瀬のファールボールに飛びつく東海大相模・佐藤大

神奈川大会5回戦 東海大相模1―3横浜

(7月23日 相模原)
 最大のライバルの前に屈して、東海大相模の春夏連覇の夢が消えた。門馬敬治監督は「負けは僕の責任。4季連続とか春夏の頂点に向けてとか、そういう中で選手は頑張った」とナインをねぎらっていた。

 3回に臼田の左中間ソロで先制も得点はそれだけ。先発した背番号11、長田は8回7安打3失点と粘りの投球を披露したが、今センバツで大会最多安打を記録した強力打線が沈黙して逆転負けを許した。

 俳優・柳葉敏郎のおいの佐藤主将は「言い訳にはしたくないが、重圧があった。全国の頂点に立てて、結局神奈川で頂点に立てない。本塁打でいけると思ったけど」と悔しさをにじませた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年7月24日のニュース