ライバルが沢村を分析…斎藤&マー君「変化球いい」

[ 2011年7月24日 06:00 ]

オールスターゲーム2011第2戦 全セ3―4全パ

(7月23日 QVCマリン)
 <全セ>前半戦を終えて5勝7敗ながら、リーグ6位の防御率2・22をマークしている巨人・沢村。新人王へ一直線の右腕を、球宴に出場している同じ88年生まれのライバルたちはどのように見ているのか。

 日本ハム・斎藤は印象を聞かれると「う~ん」と熟慮してから「三振を取れるピッチャーだと思います。フォークボールがいいですよね」。前日も約15分間、グラウンドで話し込んだ。沢村とは投球スタイルが違うが、ともに入団1年目で球宴に出場できたことは大きな刺激となっている。

 一方、プロでは先輩となる田中も「真っすぐもそうだけど、変化球もいい投手」。150キロを超える直球にファンの目は行きがちだが、2人の意見が一致したのは、プロで成功するには、直球と変化球のバランスが大切ということ。また、ここまで黒星が先行していることにも「勝ち星は巡り合わせ」とし「僕の1年目は打たれていたけど、彼はしっかり抑えている。巨人のローテーションを守って、イニング数をしっかり投げていることが凄い」と、リーグ4位の投球回数(105回1/3)に着目していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年7月24日のニュース