唐川、被安打4も…地元で粘って2回零封

[ 2011年7月24日 06:00 ]

<全パ・全セ>2回を投げ4安打を許すも無失点で終えた唐川

オールスターゲーム2011第2戦 全パ4―3全セ

(7月23日 QVCマリン)
 <全パ>大歓声に迎えられた。初出場のロッテ・唐川が、生まれ育った千葉で球宴の先発マウンドに上がった。初回2死一塁、阿部の打球は左翼への大飛球。フェンスのすぐ手前で、かつて一緒に「高校ビッグ3」と呼ばれた同い年の中田が捕球すると表情を緩めた。

 チームメートの里崎とのバッテリー。「変化球投げる?」の問いに「もちろん」と答え、スライダーを交えたシーズン通りの投球を披露した。2回は2死から連打、四球で満塁のピンチ。坂本を中飛に仕留めると、予定通りの2イニングを無失点でマウンドを降りた。

 「内容は全然ダメですね」と振り返るが、両親や友人も観戦する中で4安打されながら粘った。「みんな楽しそうにやっていた。一流選手が身近にいて刺激になる。今後も出たい気持ちが強くなった」。晴れ舞台を満喫し、心地よさそうに汗をぬぐった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年7月24日のニュース