同点の走者をストップ…内海三塁コーチにブーイング

[ 2011年7月24日 06:00 ]

<全パ・全セ>9回、ベンチからの大ブーイングに謝る内海“三塁コーチ”だったが…

オールスターゲーム2011第2戦 全セ3―4全パ

(7月23日 QVCマリン)
 <全セ>1点を追う9回2死一塁からのプレーに、三塁側の全セベンチが大ブーイングだ。バレンティンが右中間二塁打。しかし三塁ベースコーチを務めていた巨人・内海が、一塁走者の坂本を三塁で止めてしまった。

 ベンチのチームメートから一斉に指をさされ、本人もヘルメットを取って頭をペコリ。試合後の第一声は「俺、何もしてないやん」。さらに「誰かに“行けたよ”とか“回せよ”と言われたけど…。あれは行ってもアウトでしょ」と苦笑い。

 「9回だというのが頭に入っていなかった。(MVPの)おかわりくんには感謝してもらいたい。頂けるなら(賞金を)ちょっともらいたい」。最後は「頑張ります」と、24日の第3戦登板での名誉挽回?を誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年7月24日のニュース