“石川亮”が導いた…帝京、2年ぶり8強進出!

[ 2011年7月24日 06:00 ]

<帝京・城西>3回2死、左前安打を放つ石川

東東京大会5回戦 帝京8―0城西

(7月23日 神宮)
 漢字1文字違いで読み方は同じ。プロゴルファー・石川遼とそっくりなのは名前だけではない。物おじしない性格、堂々としたプレー、愛くるしい笑顔。帝京史上初の1年生正捕手・石川亮が、3安打2打点に好リードで2年ぶりの8強進出に導いた。

 「試合に出れば1年生とか関係なく結果を出さないと」。初回に2点右前打すると3回は左前打。5回にも右前へと運んだ。

 「打撃は水ものなので。まずは守備でリズムをつくらないと」。リードもさえた。初回先頭打者に安打を許した以降は無安打。「下町のダルビッシュ」こと足立学園・吉本を攻略した城西をビデオでチェックし「外角をうまく当てていた」と分析。中堅から本塁方向への風に「長打はない」と内角も強気に突いて2年生の石倉と木部を巧みにリードした。漂う大物感は、本家・石川遼にも負けてはいない。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年7月24日のニュース