木内常総 ラストサマーで8強進出

[ 2011年7月24日 14:06 ]

茨城大会4回戦 常総学院5-1守谷

(7月24日 土浦市営)
 今夏を最後に退任する木内幸男監督が率いる常総学院が8強に進んだ。茨城大会の初戦から2試合連続でコールド勝ちしたチームはこの日も打線がつながり、4回戦で守谷に5―1で快勝した。

 ベンチ入りした選手のほとんどを起用した。木内監督は「使える選手と使えない選手に分かれた。次からベストメンバーで戦える」と、戦力の見極めに要したことを明かした。そして「優勝するチームは一戦必勝じゃ駄目。最後の試合に実力を温存できないと決勝で負ける」と頂点を見据えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年7月24日のニュース