朋優学院、創部11年目で初8強「目標が通過点に」

[ 2011年7月24日 06:00 ]

東東京大会5回戦 朋優学院6―5日大豊山

(7月23日 神宮)
 朋優学院が、これまで公式戦で2戦2敗していた日大豊山相手に逆転勝ち。創部11年目で初の8強入りを果たした。

 今年の年賀状に「監督を男にします」と記したエース岩間は、試合前のミーティングで宮原正幸監督から「いつ男にしてくれるんだ?俺を男にする前に、お前が男になれ!」とゲキを飛ばされた。

 4回戦まで救援登板が続いた右腕は今夏初先発で11四死球を与える乱調も、粘って完投し「きょうぐらい自分が勝たせようと思っていた。ベスト8は目標だったけど通過点に変わった」と胸を張った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年7月24日のニュース